審査が甘い金融会社

どうしてもお金が必要な時に

カードを作っておく

社会生活を営んでいくには、どうしてもお金が必要になってくるときがあります。急な冠婚葬祭が発生したりすれば、直ぐにお金が必要になるはずです。そんな時に、予めキャッシングができる借り入れ先を作っておけば便利です。カードローンなどでカードを作っておけば、必要な時にお金が借りれます。

消費者金融一覧

消費者金融でお金を借りることは、一般の人には敬遠されがちであることは否めません。なぜならば、一部の悪質な金融業者が厳しい取り立て行為をして社会問題になったことで、ローン会社はブラックなイメージがあるからです。

しかし、実際は法改正などでそういった悪徳業者も、摘発によって少なくなりました。現在では借りやすい消費者金融が多くなったことから、女性の顧客も急増しています。

借りたお金はすぐに返済すれば、それほど金利もかかりません。大手消費者金融が取り扱っている無利息ローンなどを上手に利用すれば、一円の利子も払わずに借りることも可能です。それにはキチンとした支払い計画を立案して、返済していくことが重要です。

風景

貸金業規制法

前述したように、法改正によって違法業者は少なくなりました。しかし、貸金業規制法に違反している業者は今でも存在します。審査が甘いだとか、無審査でキャッシングするといった広告を出して、多重債務者を虎視眈々と狙っているのです。

こういった違法業者には毅然とした態度が必要で、キャッシングの場合、借主は借金をしているという負い目から業者の取立て行為が貸金業規正法に違反しているとしても、泣き寝入りしてしまうことが多いのです。

しかし、勇気をもって、「貸金業規正法」違反の業者に対して業務停止、登録取消の行政処分を求めることです。苦情の申立先は、監督行政庁である金融庁(各地の財務局)または都道府県貸金業指導係です。

貸金業規制法は業者を規制する法律ですが、借手の側からすれば、業者を訴えたり、監督官庁へ苦情を申し立てたりする際の重要な武器ともなります。

以上のように、金融会社はこの法律によって厳しい規制をうけていますので、違反行為に対しては毅然とした態度で臨むことが重要です。

銀行

上限金利の時代推移

かつて、サラ金のテレビコマーシャルが朝、昼、晩、そしてゴールデンタイムにも流されている時代がありました。

当時の日本はバブルによる好景気の真っただ中で、そんなテレビコマーシャルに疑問を呈する人もあまりいなかったのが実情です。

当時のサラ金は出資法と利息制限法に格差があることから、上限金利の高い側の出資法の金利を採用して貸し出していたのです。明らかに利息制限法に違反した行為なのですが、こういったことげ整然と行われていたのです。

以下は出資法の上限金利についての時代推移ですが、ついこの間まで驚くべき高金利を取っていたことに驚かれると思います。

こんな暴利を取っていながら、平然とテレビやラジオのCMに流されていたのですから、当時の社会情勢は異常といっても過言ではないと思います。

 時代推移  上限金利(貸付額10万円未満)
〜1983年11月1日  109.5%
 1983年11月1日〜1986年10月31日  73.0%
 1986年11月1日〜1991年10月31日  54.75%
 1991年11月1日〜2000年5月31日  40.004%
 2000年6月1日〜2010年6月17日  29.2%
 2010年6月18日〜  20.0%

経済と政治の関係

経済と政治は「コインの裏表」、あるいは「メビウスの輪」のように、表裏一体の関係にあります。経済問題を理解するためには、いまの政治がどういう状況にあって、どういう方向に向かおうとしているのかを正しく認識する必要があるのです。

逆もまた真なりで、政治の動向を見通すためには、経済の状況を把握したうえで、今後どう展開しようとしているのかを見る必要があります。それがない限り、政治のことは語れないのが実状です。

消費者金融業界を知る上で重要なことは、経済や政治の現状を把握することに費やさなければなりません。何故ならば金融とは政治と経済に深く関係しているからです。投資に関しては、やや回りくどい印象を持たれるかもしれない。

しかし、この「大混乱時代」では、まず現状を正確に認識し、今後の方向性を見定めることが、なによりも求められるのです。自分なりの「羅針盤」も持たずに、航海を続ければ、沈没や座礁してしまうのは、火を見るよりも明らかといえるかもしれません。

そうならないために、今どうすべきなのかを経済情報を最大限活用して考えていかなければならないでしょう。

当サイト推奨金融サイト

最終更新日 2017/8/18