総量規制

改正貸金業規制法の影響

改正貸金業規正法が、2010年6月に施行されましたが、この影響により、かつて社会問題とされていた自転車操業に走る多重債務者や、グレーゾーン金利といった難問にメスを入れることとなりました。

違法業者を全廃させるため、貸金業への新規参入のハードルを高くし、借りすぎ・貸しすぎを歯止めするシステムを導入したのです。この法改正により、金融業者からの借り入れ総額が年収の3分の1以上の借り入れは規制されることとなったのです。

それと同時に法定金利引き下げとグレーゾーン金利を撤廃し、金融会社の上限金利を18%に引き下げました。これによって、今までのような高金利で儲けていたローン会社も、利益はかなりの圧縮となってしまいました。

以上のように、ローン会社には厳しくなった反面、今まで毎月の支払いを新規借り入れでしのいでいた多重債務者は途方に暮れることとなりました。総量規制対象外の新規融資先を発掘するか、あるいは支払いをあきらめて自己破産をするか、二者択一を迫られたのです。

有名な大手消費者金融の場合

世間で有名な大手消費者金融のカードローンなどは、誰もが認める低金利で借りやすいローンを取り扱っていますが、残念ながら誰でも借りれるというわけではありません。審査は厳格で多重債務者やブラック対象者には狭き門といったほうがわかりやすいでしょう。

借入件数で表現すると、3件以上の借金があればほぼ審査に落とされてしまうことは間違いありません。年収の3分の1以上の借金がある総量規制対象者も審査には通らないでしょう。

そういった審査が厳しいローン会社で申し込んだところで、信用情報機関のデータを汚すのみではなく、審査で落とされることによる精神的なダメージも考慮しておく必要があります。

キャッシングをする際の注意点

毎月の支払いに困窮して他社からの借入を繰り返していると、いずれは多重債務に陥ってしまうことは火を見るより明らかです。そうなると金利も嵩む上に複数の支払いで精神的に参ってしまうことは必定です。

二進も三進もいかなくなる前に、総量規制が適用されないおまとめローンなどを活用して一つでも借入先を減らしていくことが重要です。借り入れ先を減らしていくことで、信用データも向上して、大手や準大手などの低金利での融資が受けれる可能性が出てきますので、低金利の融資に借り換えすることも可能です。

そしてどうしても無理だと考えたら一刻も早く自己破産などの手段を講じるべきです。

多重債務でのキャッシング

無審査で融資が可能ならば、ブラックや多重債務者でも融資を受けることは出来ます。実際、そういった広告を出している業者もあります。しかし、そういった広告はすべて虚偽です。無審査で融資をするような金融業者は絶対存在しません。

融資をする側からしてみれば、過去に借金をチャラにしたブラック者や、毎月の支払いで自転車操業をしている多重債務者へのキャッシングは、非常に大きなリスクがあります。したがって、いくら審査が甘いといっても、そういった対象者への融資は厳しいと認識しておいたほうがいいでしょう。

闇金融などの違法業者は多重債務者やブラックでも融資が受けれるといいますが、これにも限度があります。法改正により、以前のような厳しい取り立てが出来なくなった以上、多重債務者やブラックの人間へのローン融資は控えているはずです。

審査に通らない理由

審査で落とされた場合、どうして審査に通らないのか再考する必要があります。必ず何かの理由があるはずです。もしも見に覚えのある項目があれば修正をして、再度お申し込みをすれば必ず審査に通ります。

  • 年収が低い
  • 正社員ではない
  • 借入件数が4件以上
  • 借金総額が年収の三分の一以上
  • 過去五年以内に債務整理をしている
  • 過去に支払い遅延を繰り返している

もしも、上記の項目に何点か該当するという人は、審査に通らない可能性が高いです。